作品集
湯呑 マグカップ  ビアカップ・茶碗 ポット・急須・土瓶
コーヒカップ 花瓶 その他
   

2022年12月~2023年3月の作品
唐呉須和紙染白泥刷毛目鉢

 作者 大畑さん (女性)

赤土に唐津粘土を加えロクロ成形します。
乾燥後高台を仕上げ、白泥を荒刷毛で全体に塗り
乾燥させ素焼きします。
和紙を花びら型に切り抜き、唐呉須を筆につけ和紙
の上から垂らし、乾いたら和紙を剥がし、次の和紙
を重ねて同じように染めて行きます。
全体にスプレーで土灰釉を薄掛けし1265度の
酸化焼成します。

(コメント)

和紙の重なりが濃淡を作り、白刷毛目と合います。


作者  長谷川さん (男性)

唐津粘土を使いロクロ成形し、高台を削ります。
口辺部分は残し中外白泥を刷毛塗します
乾燥後素焼きし、和紙を紅葉の型に切り和紙の
上から呉須を筆に付け垂らします。
同じ繰り返し全体に紅葉を散らします
灰マット釉を浸し掛けし1268度の還元焼成します
(コメント)

唐津の粘土の黒い斑点が、土味となって良いです
しっとりとした艶消しの雰囲気と合います
灰マット釉和紙染鉢
   
色泥水玉文鉢

 作者 神澤 さん(男性)

磁土を使いロクロ成形し、乾燥後高台を削ります。
ポンスを使い穴を貫通させ、青・ピンク・緑・紫の
色粘土を埋め込みます。
素焼き後磁器釉を浸し掛けし1270度の還元焼成
します

(コメント)

白地にカラフルな色が入り楽しい作品に仕上がっています
収縮に気を使います、丁寧に作っています。
 


作者  佐竹さん (女性)

黒粘土を使いロクロ成形し高台を削ります。花の
図案を描き、白泥で模様を彩色します。
花模様に沿って上部カットし乾燥後素焼きします。
葉の部分は緑の釉薬を筆塗し、花部分は中心に黄色
周りはピンクの色を薄塗し、全体に土灰釉を掛け
1265度の酸化焼成します。
(コメント)

黒地に花が浮き上がり奇麗です。



黒地花文鉢
青泥飛カンナ皿


 作者 長谷川さん (男性

磁土を使いロクロ成形します、高台を削ってから
青泥を刷毛塗し飛カンナ模様を入れます。
素焼きし磁器釉を掛け1268度の還元焼成します。
(コメント)

成形時に、底の平たいお皿を波打たないように
作っていないと飛カンナ模様が上手く入りません。




作者 大瀬戸さん(女性)

半磁土を使いロクロ成形し、高台を削り少し変形
させます 素焼きしパステルで模様を線描きし
、下絵具で淡く彩色します。
土灰釉を掛け1265度の酸化焼成します
(コメント)

パステルの線描きが柔らかな雰囲気を出し、彩色の
濃さも丁度いい感じで、見ても楽しめる器に仕上
がっています。
パステル彩鉢
 
黒泥象嵌呉須刷毛目皿

 作者
  大畑さん  (女性)

半磁土を使いロクロ成形し、削る前に石膏で印を
作り押します、高台を削り黒泥塗り乾燥後
、余分な所は削ります。
素焼きし、象嵌簿本に呉須の刷毛目を入れ、全体に
土灰釉を掛け1268度の還元焼成します。


(コメント)

象嵌部分に呉須の刷毛目を入れると、面白い効果が
出ています。


作者 佐竹さん (女性)

半磁土を使いロクロ成形し、乾燥させ高台を削ります。
和紙を、胴回り一周の長さで、幅を少しずつ広く
なるように7枚作ります 2か所カットし図柄が
段差がついたように水で張り付け黒泥を全体に
刷毛塗します。
素焼き後無釉で1268度の還元焼成します。

(コメント)

目の錯覚で模様に変化が出て、黒泥も渋い色合いで
焼成されています。
黒泥一輪挿し
瑠璃釉輪花鉢

 作者 高橋 さん(女性)

半磁土を使いロクロ成形し、高台を削り素焼きします。
全体に瑠璃釉を掛けてから、乳白釉上部にを
スプレー掛けし1268度の還元焼成します。

(コメント)

瑠璃釉と乳白釉の滲み具合が奇麗に出ています。


作者 家入さん(女性)

志野土を使いロクロ成形し、鬼板の志野化粧土を
掛け模様を削ります。
乾燥させ素焼きし艶の無い志野釉を掛け1270度の
還元焼成します。
(コメント)

カオリンが多めの志野釉なので、鼠志野で渋い
色合いに焼けています、使い込むと良い雰囲気が出ると思います。
志野釉湯呑